空港の歴史および背景

マカオ国際空港概要

 

1995年に正式に運営がはじまって以来、マカオ国際空港は迅速に、グローバル経済発展の最も快速な珠江デルタ地帯と世界各地の間をむすぶ重要な橋となりました。マカオは生産工場が密集する中国珠海経済特区に近く、海・陸とも交通が便利であり、こうした独特な地理条件により、マカオ国際空港はアジア地区の理想的な貨物スピード輸送の中心となったのです。

マカオ空港は24時間毎日運営を続けています。二類計器着陸システムと全長1万1千フィートの滑走路をもち、国際民航組織の基準を達成しており、遠距離旅客機の離着陸も可能です。空港には整ったターミナルビルと貨物運輸施設があり、毎年のべ600万人の乗客と16万トンの貨物を処理しています。

現在、空港積載量はまだ飽和状態には達しておらず、大きな発展の余地があります。マカオがアジアの展示会や娯楽の中心へと発展してゆくのに伴い、当局は積極的に世界各地の企業と就航協定を結んでいます。近隣の空港の積載量が密集しているなかで、マカオは巨大な中国市場への理想的なゲートとなっており、休むことなく運営される空港は、観光業界や航空会社にとっても便利で融通のきく選択となるでしょう。

以上の内容は中国語版を翻訳したものであり、内容が異なる場合、中国語版を基準としてください。