マカオのグルメ

マカオのグルメ

  • マカオは最高レベルのグルメと各国料理を楽しめることで有名です。マカオはかつてポルトガルの植民地であった関係から、ポルトガル人の飲食習慣や、各地の料理や調味料・香辛料などがマカオにもたらされ、マカオの料理はそのオリジナリティを獲得しました。これらの料理はマカオの地元の広東料理の多様な調理法と特色と融合し、世界でも例をみない、ポルトガル式マカオ料理が生み出され、これらの多くのものはマカオでしか味わえません。マカオのポルトガル料理でもっとも有名なものは「バカリャウ(鱈の塩漬け)」で、この魚は煮たり焼いたり蒸したり、さまざまな調理が可能です。そのほかにもポルトガル人はアフリカやインドの食品調理法から学び、香料を多用した「アフリカン・チキン」を作り出しました。さらにマカオでしか食べられないものとして「ガリーニャ・ポルトゲーサ」があり、これは、鶏肉・ジャガイモ・タマネギ・タマゴ・サフランを使用した、辛みのなかにわずかにカレーの味がするごちそうです。カレーといえば、「蟹カレー」を忘れてはいけません。また、そのほかにも豚と豆の煮込み、オックステール、カルド・ヴェルデ(野菜スープ)などがあります。このカルド・ヴェルデは、ジャガイモ、ポルトガルソーセージ、キャベツ、オリーブオイル(ポルトガルでは料理不可欠)を煮て作られており、独特な味わいがあります。

    これらの郷土料理以外にも、マカオでは、その他の国の食べ物もたくさんあります。日本の天ぷらや寿司などはどこにでも見られますし、マレーシアのアッサムラクサ、インドカレー、さまざまな西洋料理などもあります。マカオは食の天国であるといっても過言ではないでしょう。

    一般的に、レストランではどこもワインがあり、おいしく安いです。マカオの税率は低いので、ワインはポルトガル本土よりも安く売ることができるのです。ここでは最も有名なポルト酒、マデイラワインだけでなく、ロゼやダン、ドウロなどもあります。海鮮を楽しむときには、ポルトガル北部特産の白ワイン、ヴィニョ・ヴェルデを味わうと、さらにおいしさがアップするでしょう。

    レストランリストは、マカオ観光局のサイトよりご覧になれます。

    以上の内容は中国語版を翻訳したものであり、内容が異なる場合、中国語版を基準としてください。